糖質制限とアセモ

このトピック、カテゴリを何にしようか迷いましたが、湿疹とも関係あるので「アトピー」と、とりあえず食べ物関係なので「料理・食べもの」で。

 
 
アセモといえば赤ちゃんや子どもができるものと思いますが、大人になっても結構アセモができていたのです、私。
 
部位は決まっていて、首の前の部分だけ。夏になると必ずできて痒かったりヒリヒリしたりしておりました。
 
もちろん、毎日お風呂やシャワーで洗い、汗をかいたらタオルで押さえたり(ふくと痛いので)、濡れたタオルで冷やしたりするのですが、それでもヒリヒリするので夏はちょっと悩ましいのでした。
 
肌に直接触れるアクセサリーもつけられません(汗が残って痛がゆい)。
 
 
でも、ふと気がつくと今年は全然できないのです。
思い出してみると昨年もできませんでした。
 
何がよかったのでしょうか。
 
思い当たることと言えば、「糖質制限」です。
 
 
昨年、健康診断の時に体重をつけるグラフをもらい、体重とお腹の脂肪をしぼりたいと思っていたので、ものは試しと糖質制限をやりながらグラフをつけたのです。
 
6月に始めましたが、砂糖はもちろん麺類もパンも一切無し、ご飯は昼食に食べて夕食時は原則として無し、という食事にしたら2ヶ月で2㌔減りました。
 
元の体重がそんなに多かったわけではないので、目標達成。
 
糖尿病というわけではないし、付き合いでご飯ものを食べる機会も多いので、その後は少し制限を緩め、現在は甘いものは避け主食を少なめにする程度で経過しています。会食するときなどは普通に食べていますが、全体量は確実に少なくなっています。
 
 
で、今年も、気がつくとアセモに悩まされることなく夏が過ぎて行きそうです。
 
これだけでは、本当に糖質制限がよかったかどうかわかりませんが、糖質と肌の症状には何かの関係があるのではないかと思われる事例が他にもあるのです。
 
以前いらした患者さんに、全身のアチコチが痒いという人がいました。肌が痒い、耳の中が痒い、目が痒い・・・。それぞれ皮膚科、耳鼻科、眼科に行ったけれど原因がわからない、と言われるので、「甘いものや果物を食べていませんか」と聞くと、「果物が好きで、箱で買って毎食食べています」とのこと。
 
ビンゴでした。
 
量も多くて桃やリンゴなら1個丸ごと。それを毎日3回食べたらそりゃ食べすぎでしょう。
 
食べたい気持ちはわかるけど、一日1回にしてはどうかと提案してそのようにしてみたら、痒みも治まりました。
 
 
もう1人は背中にニキビができた方。
 
糖質を摂りすぎるとニキビができると聞いたことがあったので、聞いてみると、最近、清涼飲料水の量が増えているようでした。
 
ゆずやシークワーサーなどの柑橘類で酸味をつけた飲料水がいろいろ出回っていますが、さっぱりして飲みやすく甘ったるくないのでつい飲み過ぎてしまうようです。
 
その人も糖質の摂りすぎに気をつけて、きれいな背中になりました。
 
 
というわけで、糖質と肌の症状には何かの関係があるのではないかと推測しています。これを確かめるには糖質をバンバン食べてアセモがどうなるか観察するとよさそうですが、わざわざやりたいとは思わないので証明は難しいかなあ。
 

Photo

シロモジの実です(7月21日に撮影)。花は小さいのにこんな実がなるのですね。山の中腹を横切るように走る丈衛門林道。その林道沿いに色々な山の花や雑木が見られます。

| | コメント (3)

花粉で湿疹が・・

二日前のこと、午前の自力整体がなく、予定が空いていたので、気になっていた家庭菜園の草刈をしました。サツマイモとカボチャが所狭しとツルを伸ばしています。その間からツンツンした雑草が生え、ツルのない場所にはヨモギやスベリヒユが。

引っこ抜いたり鎌でサクサク刈ったり、小1時間ほどでだいぶスッキリしたのですが、あまり完全防備体制ではなかったので草の葉先の刺激で喉や腕(袖口から入った)がシカシカと痛痒い。蒸れたタオルでふき取り、炎症を抑えるローション(ラベンダーとカモミールの精油で作った日焼け対策用のもの)をパシャパシャしたら落ち着きましたが、なぜか肘の内側がかなりの痒さでした。

午後は仕事だったのですが早い時間に終わり帰宅すると、治まったはずの痒みがまた出てくる。接触性の首の痒みは治まりましたが、直接、草が触れていない左右の肘の内側が猛烈に痒いのです。

「え?これってアトピーの時に湿疹出るとこだよね・・・・、ひょっとして花粉?」

しばらく忘れていましたが、私は雑草とイネ科の花粉のアレルギーがあるのです。その日刈った草はまさにイネ科と雑草。しかも花盛りでパーッと花粉が散ったものもあった・・・。

目もゴロゴロするので鏡で見ると白目がふやけたようになって、ちょっと浮いている・・・、あれま、完全に花粉症じゃん。肘の裏だけでなく、肩とか背中とかもちょっと痒いし、頭がボーっとして、ともかくだるくてしょうがない。でも、目は痒くないしクシャミもまったく出ません。へー、こんな風に出ることもあるんだ、と感心しながらも、だるくて何にもやる気にならない。

こういうときは少なめに食べて寝るに限る、と思い、夕食は蛋白質・油抜き(ご飯、カボチャの煮物、みそ汁、ひじき)。サラリーマンNEOの最終回を見たのであまり早寝はできませんでしたが、夜には痒みも治まり、朝までぐっすりでした。

花粉で湿疹が出るということがあるのは知っていましたが、体験してみてちょっと驚きました。まだ少し草が残っているけど、うーん、どうしようかしらん。痒いのも嫌だし、あのボーっとだるいのも困るもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑪

長々と書いてきましたが、最後に『はぐれ医者の万病講座』の著者が行っている治療法を紹介しましょう。症状によって漢方薬も使うそうですが、中心になるのが食事療法です。

症状に応じて砂糖・油料理を制限する第1段階から砂糖・油脂・肉・養殖魚・乳製品を一切使わず、すべて手作り料理とする(おやつも芋やおにぎりなど自家製に)第3段階まであります。積極的に食べるものとしては米・小麦などの穀類、野菜、海草、天然の魚、納豆、豆腐、きのこなど。それを基本にし、時に少量の肉や卵。以下、引用です。

「すでにお気づきのように、私がお勧めする食べものはアレルギーという考え方とは関係がない。・・中略・・簡単に言えば、伝統的な日本食であり、できるだけ余分なものを食べないようにしていただくだけである。なぜなら、われわれが伝統的な日本食を食べていた頃、わが国にはアトピー性皮膚炎の患者さんはほとんど存在しなかったし、このような食事を実行した患者さんの多くがよくなっているからである。」

「要するにアトピーを克服するには、他の病気と同じように、食事を見直し、身も心ものびのびとさせ、全身の状態をよくすることが何よりも大切なのである。」

湿疹にステロイド剤を塗って抑えるとか、原因となる食べものを排除するという、症状や原因を狙い撃ちにする方法に対して、この療法は健康的な食事で心身の力をつけて克服していくという総合的なもの。いわゆるホリスティックな考え方です。

「身も心ものびのびさせ」という部分など、そうだよなあ、と思います。除去食では気持ちを上手く切り替えないと、食べものに神経質になってしまって楽しくありませんもの。そういう意味でもこの食事法はなかなかいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑩

最初はどうなることかと思うようなアトピーでしたが、段々食べられるようになり、小学校を卒業する頃にはほぼ普通の食事で大丈夫になりました。牛乳を飲まないだけで、卵もたまに食べます。アレルギーマーチと呼ばれる喘息・鼻炎も一通り経験しましたが、今はほとんど症状がありません。

食事は甘いもの(ジュース・果物を含む)・動物性蛋白質・脂肪を取り過ぎないようにする、できるだけ地元で取れた有機栽培のもの・生産者がわかるものを食べる、加工品でなく素材から調理する(加工品を使うときは添加物の少ないもの)などに気をつけ、それは今でも続けています。添加物や農薬が体によくないから、というより、素性のわかった生命力のある食べもの(地元で取れた旬のもの)をいただくことが力になる、という気がしているからです。

大変でしたが、この経験でたくさんのことを学びました。

・医者でもわからないことがたくさんある。ただし率直にそれを言う先生ばかりではない。

・医者に全部任せておけばそれで安心、というわけではない。疑問に思うことは恐れないで質問し、自分の体は自分で守るという意識を持つ。

そして一番大きかったのは

病気は医者に治してもらうものではなく、自分で治せるものである。

と学んだことでしょうか。その後鍼灸学校にないって体の仕組みや治療の技術を学んだこともあり、病気になると家でできる手当てをしてみるのが習慣になっています(インフルエンザなどは水分補給に気をつけて寝ていれば治る)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑨

さて、9ヶ月で雑穀を食べられるようになったあと、次男が1歳半の時、上の子がケガで入院するという事態になり、毎食別に作るのが大変になってしまったので、思い切って米を食べさせてみました(母乳は満1歳でやめていた)。米は表面に近いほど栄養があり、それはつまりアレルギー作用が強いということなので、自宅の精米機で何回も精米して真っ白な白米から始めました。

恐る恐る食べさせましたが、幸い湿疹は出ません。でも、いきなり全面的に米に戻すのではなく、炊飯器に半分米、半分キビを入れて(真ん中で分けるようにして)炊きました。ちょっと米の成分の混じっている雑穀ご飯。そうやってようすを見ながら少しずつ米のご飯に移行していきました。

除去食をしていて難しいのはいつになったら食べられるのか、ということです。厳格な除去をしていると、微量でもひどい症状が出ることがあるので難しいのです。つい用心して先延ばしにしてしまいます。

次男の場合は血液検査で状態を確認しながら戻していきました。米のほか小麦、大豆など植物性のものは比較的早く食べられるようになりました。

3歳か4歳になった時、次はこのように試しながら戻していきたい、と主治医に相談すると、「もう、あとはお母さんにまかせた。自分でいいと思うようにやってみなさい。」と言われました。それまでも自分で考えて、相談してやってきましたが、そう言われてみて、自分で判断してやっていいんだ、あらためてと思いました。

その後は年に1回、血液検査をする時だけ受診するだけになり、ずいぶん楽になりました。食べて大丈夫になったものでも体調が悪いときには控える、などという調整も自分で考えてやっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑧

最近、朝食をちゃんと食べよう、とテレビや新聞などで言われますが、その頃も同じように言われていました。朝から動物性タンパクを食べると体温が上がって午前中からしっかり活動できるという記事を読んだこともあり、朝食にはご飯、みそ汁の他に納豆や卵、ウインナソーセージなどを必ず食べていました。昼食や夕食も普通にとっていましたから、必要以上に食べていた気がします。

朝食に卵やウインナーを食べるのはごく一般的なことかもしれませんが、我が家にとっては多すぎたようです。その反省と除去食の調理に時間がかかる(他の家族とは分けて作っていた)こともあって、朝食はご飯とみそ汁に海苔や漬物程度の簡素なものになりました。

それ以来ずっと朝は簡素ですが、昼食や夕食は普通に食べているのでそれで栄養が足りないとか貧血になるということもなく、何の問題もありません。かつての私もそうでしたが、今の人はちゃんと食べないといけない、と思い込みすぎではないかという気がします。思い込まされているというか・・・。

テレビの健康番組を見ても、体にいいから○○を食べましょう、という情報ばかり。食事の量を減らした方ガ手っ取り早いと思うのですが、それよりも「脂肪の吸収を妨げる○○をとりましょう」といった調子です。

アトピーのおかげで食べものの質だけでなく量にも気をつけるようになりました。除去食のとき出なかった花粉症は翌年また復活しましたが、その後段々出なくなりました。目の粘膜は花粉をキャッチしますが、痒みやクシャミにはなりません。ひょっとしたらアトピー対策の食事が関係しているかもしれない、と最近思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑦

それにしても、なぜこんなにひどいアトピーになったのか、わけがわかりませんでした。

私は花粉症、夫は子どもの時に喘息があったのでアレルギー体質はありますが、そんなにひどくはなく、アトピーもありません。でも、面白いことに私の弟も従姉妹たちも同じくアトピーはないのに、その子どもにはアトピーの子がたくさんいるのです。

これは世代的なものがあるとしか考えられません。水や空気のような外的環境、食べもの、住居や生活様式などの変化と何か関係があるはずです。その頃は「卵・牛乳の消費量に比例してアトピーが増えているからそれが原因」とか「寄生虫が駆除され、免疫の攻撃対象が変わってアトピーになった」などと言われていました。

でも、同じような曲線で増えたものは他にもあるだろうし、これが原因と指摘できるほど単純なものではないような気がします。ただ、田舎に行くと軽くなる事から水や空気の状態が関係している可能性は高いし、動物性の食品、甘いもの、脂肪の増加といった食生活全体の変化も関係していると思いました。

食事に関しては次男の生まれる前から気をつけていて、添加物の少ないものを食べるようにしていたし、その4年前から有機栽培の野菜を食べていたし、こんなに気をつけていたのになぜ??? という思いがありました。

ただ、一つ思い当たることは食べすぎだったかもしれない、ということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑥

その後、除去食はさらに進み、一時は雑穀もやめました。雑穀は精製された米・小麦に比べてミネラルも多く、蛋白質もそれなりにありましたが、それもやめるとなると、単にカロリーがあるだけのでん粉が主食です。サクサク粉とかタピオカ(粒状ゼリーではなくただの粉)をそのままでは食べにくいので、大根おろしに混ぜてシソ油で焼いたものが主食、使える調味料は塩だけ・・・・・。

その前に動物性の蛋白もやめていたので、これではどう考えても蛋白質が足りないと主治医に訴えたら「アレルギー用のミルクをお母さんが飲みなさい」と言われました。

当時、森永乳業がMA1というミルクを出していて、アレルゲンにならないように加工してあるのですが、治療をはじめた頃に飲んだ時には「なんてまずいミルク!」と思いました。ところが、その食事をしている時には、それが美味しいのです。甘みさえ感じるのには驚きました。空腹が最大の調味料と葉言うけれど、味覚って相対的なものだと心の底から実感。

でも、その食事はあまりにも不自然で、こんな食事をしていてはいけないという直感のようなものが働いたので、短期間でやめ、アマランサスとかキヌアという南米原産の穀類を食べました。除去食の徹底しすぎで栄養失調になることがあるという話も聞きましたが、それも納得できる、危うい食べ方だったと思います。

除去食をしているとキレイになるのがうれしいのですが、それを維持しようとするとさらに除去する羽目になったり、うっかり何か食べて湿疹ができると落ち込んで食べるのが怖くなってしまったり、自分で自分を追い詰めてしまうというか、精神的にきついものがあります。

そうでなくても、まわりからは栄養は大丈夫かと心配されたり、いろいろ気を使わせてしまったりするし、食べたいものが食べられないストレスもあるし、この辺のバランスを取りながら食事療法をやっていくのは結構難しいことでした。

でも、9ヶ月になる頃には雑穀も食べられるようになり、ちょっとホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと⑤

主治医の言葉でもう一つ驚いたことがあります。

アトピーとは直接関係ないと思いますが、ある時子どもの腕の内側に小さな皮下出血がいくつかできました。「これは何でしょうか」と聞くと、「原因不明の皮下出血もある。医者にもわからんことはいっぱいあるんだ。」というお答。

「うーん、なんでしょうねぇ、ま、ちょっとようすを見ましょう。」くらいの答だったら、私の方も「ふーん、そう心配ないのかな。」とそのまま過ぎていったかもしれませんが、「わからんことがいっぱいある。」とはっきり言われたことに驚き、そして、 ”医者にわからないことはない”と漠然と思い込んでいた自分に気がつきました。

そうか、医者だから体のことが何でもわかるなんてことはないんだ。そういえば、原因不明の病気なんていっぱいあるし、だいたい、上の子はアトピーなんて出なかったのに次男にだけひどく出た理由だってわからないし、その治療だって良くなさそうな食べものを避けてみるという手探りみたいな方法だし、わからないことだらけではないか。

この言葉はそれをはっきり教えてくれましたし、その後の除去食の経験などから、医者は何でもわかっているはずと思って盲目的に従うのは危険な場合もあるかもしれない、と思うようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピーが教えてくれたこと④

今のようにインターネットなどありませんでしたが、少しでもよくならないかと情報を求める日々でした。

雑誌などでは様々な民間療法が紹介されていましたが、あるとき母がビワの葉をたくさんもらって、干して持ってきてくれました。煮出してお風呂に入れるといいのだそうです。お風呂に入れて効果のあるくらいの料を煮出すのが結構大変でしたが、なんとなくいい感じでした。殺菌力があるのか翌日になっても残り湯がヌルヌルしません。

主治医に「ビワの葉なんかはどうでしょうか」と聞くと、「いいかどうかわからんから、効きそうなことはやってみて、よかったら教えてくれ」と言われました。この答えには驚き、そして感心しました。

驚いたのは医者から「よかったら教えてくれ」と言われたこと。感心したのは、民間療法なのに頭から否定しなかったこと。

「少し前までは牛乳と卵をやめればたいていよくなっていたのに、最近はそれだけでは治らん。」とおっしゃっていましたから、いい手当て法がないか試行錯誤があったでしょうが、いい先生だなあと思いました。

ビワの葉は少しの間やっていましたが、煮出すのが大変だったのであまり続きませんでした。たぶん除去食の調理(他の家族とは分けて作っていた)に追われて余裕がなかったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)