健康診断の新基準

 4月5日付け朝日新聞によると、健康診断の血圧やこコレステロールの基準値が変更になるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は4日、血圧や肥満度などについて、健康診断や人間ドックで「異常なし」とする値を緩めると発表した。国内で人間ドックを受けた人の値を調べたところ、血圧やコレステロールの値がこれまでの基準より高くても「健康」だった。学会は新基準を6月に正式に決め、来年4月から運用する予定。
 学会は2011年に人間ドックを受けた約150万人のうち、たばこを吸わずに持病がないなどの条件を満たす約34万人を「健康な人」とした。そこから5万人を抽出して27の検査項目の値をみた。
 その結果、従来は130未満を「異常なし」としていた収縮期血圧は、147でも健康だった。85未満が「異常なし」だった拡張期血圧も94で健康だった。
 肥満度をみる体格指数「BMI」も、男性で「18・5~27・7」、女性は「16・8~26・1」の範囲におさまっていれば健康だった。現行は25以上は肥満とされている。
 コレステロール値については大きく緩和される。学会は性別、女性は年齢によって健康な人の値が大きく変わるとして、それぞれに分けることにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
この変更、ちょっと驚きました。
血圧を見ると収縮期(高い方)が、88〜147となっていて、最高値が下がったのと範囲で示すようになったのが変更されています。これ以下は低過ぎだよ、ということがわかっていいですね。
拡張期(低い方)も51〜94で、下は60ないと低血圧、と思っていましたが、意外と低くても大丈夫なのかも、と思えます。
 
 
もっとビックリはコレステロール。総コレステロールの140〜199もどうかと思いますが、男性は151〜254、女性の最高(年代別になっている)は175〜280です。280もあったら現在では完全に治療の対象になってしまうのではないでしょうか。
 
ふーむ、今までの基準って何だったの? と思わざるをえません。机上の空論だったか、製薬会社の差し金だったか・・・・。とにかく、健康診断を受けた人を詳しく調べてみたら、これくらいの数値でも大丈夫だったよ、ということですね。
 
記事の最後には、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「同学会は、緩められる新基準の範囲におさまれば、薬を減らせる可能性もあるが、合併症などがあれば治療が必要という。学会理事の山門實・三井記念病院総合健診センター特任顧問は「糖尿病や腎疾患といった持病があるような人は、新基準の範囲におさまっているからといって安心せず、かかりつけ医に相談してほしい」と話している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と書いてありますが、これもよくわからない。基準値が変わっても、とりあえず勝手に薬はやめないでね、ってこと?
 
古い話ですが、私が20代のころ、血圧(高い方)は年齢+90が適当、と言われていて、若い頃は100そこそこがいいけれど高齢になったら上がるのは自然なこと、と理解していました。
 
それがいつの間にか年齢は関係なくなって基準値も段々下がってきました。
 
で、今回また変更です。
発表したのが人間ドック学会と健康保険組合連合会、というところがミソかしら。
健康保険組合は医療費抑えたいですからね。とりあえず数値が高くても健康(将来の病気の心配がなさそう)なら治療対象になる人が少ない方がいいですものね。
これって、実際に研究が進んでより真実に近づいているのか、基準を決める団体の利害を抜きに考えられないのか、個人差が大きくて基準値など実はあんまり当てにはならないということなのか、よくわからない。
 
でも、ま、コレステロールが今までの基準だと完全に超えている私としては「なーんだ、大丈夫じゃないの」と思えたのでした。
 

| | コメント (0)

2025年問題で診療報酬改定

2月12日に中央保健医療協議会でまとまった4月以降の診療報酬が発表されました。
今後急ピッチで増える後期高齢者に対応する内容ということです。
2月13日の朝日新聞によると、
 
「今は8割の人が病院で亡くなる。だが病院を高齢者の急増と同じペースで増やすのは財政事情や人手の面で難しい。このままでは、人生の最後を穏やかに迎えられる『死に場所』が足りなくなる恐れが強い」
 
「政府が目指す高齢者医療の姿は『時々入院、ほぼ在宅』。患者が自宅や施設で暮らすのを基本とし、入院が必要でも極力短期間とする形だ」
 
「75歳以上の後期高齢者は13年時点で1560万人。国の推計では『団塊の世代』がこの年齢に達する25年には1.4倍の2179万人に膨らむ」
 
 
うーん、あと10年ちょっとで75歳以上の人が4割増し。それは厚労省も焦るだろうなあ・・って、のんびり言っている場合ではありません。私たちの世代もその少しあとに仲間入りします。病院が足りなくなるのは目に見えています。
 
病気で入院してもすぐに退院を迫られる、退院しても自宅で面倒見てくれる人がいない(たぶん子どもたちはみんな働いている)、いても老老介護でいずれ共倒れ・・・なんてならないように、元気に暮らす知恵を働かせなくては。
 
 

1月に高校時代の同窓生の集まる機会がありました。卒業してちょうど40年、間もなく還暦を迎えるお年頃。

 
皆同じ頃に結婚しているので同窓生が集まると30代は子育ての話、40代は子どもの進学の話題でしたが、50代の今は親の介護が共通の話題になります(まだ、孫の話題は少ない)。
 
認知症の母親が施設に入っていて毎週会いに行っている人、義母がデイサービスから戻る時間だからと慌ただしく帰る人、同居の母親は特に悪いところはないけれど1人になるのを不安がると外泊を控えている人など、誰かしら気にかけるべき親(とっくに後期高齢者)を抱えているようでした。
 
改訂では重傷患者向けのベッドを大幅に減らす計画のようですから、早期退院を迫られる最初の世代は私たちの親世代になりそうです。
 
自宅で療養してくださいと言われてもおいそれとはできない人は介護施設に入ることになりそうです。ご両親を施設で看取ってもらったという友人もいます。とても手厚くしてもらったということでしたが、入居費用を聞いて仰天しました。
 
お金の用意もしておかなくては・・・。
 
健康とお金の必要性がひしひしと迫ってくるのでした。

| | コメント (0)