2月の教室だより・姿勢チェック他

毎月、教室で配布している教室だより。お休みなどの連絡やその時々に考えていることや教室で話したことのまとめを書いています。その一部をブログでもご紹介しましょう。
2月号:「現代農業」の記事掲載、外反母趾対策の足指体操、姿勢チェック、股関節のゆがみ

◇姿勢チェック
 1月から皆さんの姿勢を写真に撮らせていただいています。
《正面、側面、上に手を伸ばして交差(正面・側面)、背中で握手、片足立ち、仰向けで肘と膝をつける(腹筋)、うつ伏せで膝を上げる(背筋)》

自分では気がつかない姿勢の状態、肩関節の柔軟性、腹筋背筋のバランスなどがわかります。この試みは初めて。体の硬さの変化を見たいと思ってやってみましたが、教室歴の長い生徒さんは皆さん結構いい状態なのです。
「先生、入会した時にやればよかったですね。もっと硬かったですよ。」 
今後は入会時にやることにしましょう。
1年後にまた撮影して比較する予定です。変化が楽しみです。

◇股関節のゆがみ
 横座りをしたとき、やりやすい方とやりにくい方がありませんか。原因はいろいろありますが、股関節の状態の左右差がある場合は脚を投げ出して座ったときに足先の向きが左右対象ではありません。
例えば、足先が右の方に傾いていると右にお尻を落とした横座りが楽なはずです。そういう人は右脚が外へ、左脚が内側へ向いていますから、右脚の外側と左脚の内側の緊張をとるのがポイントです。
どちらでも座れる程度なら大丈夫ですが、やりにくい方ではとても座れないくらい左右差が大きい人はこれをしっかりやると腰まわりが楽になると思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)