« 妊娠中の肩こり対策 | トップページ | 久しぶりに親子体操教室 »

逆子と心身の緊張

逆子にはお灸が効く、と聞いていらっしゃる方が時々あります。鍼灸院は初めてで、緊張した表情で来る方が多いです。

 
 
なぜ、逆子になるかはよくわかっていませんが、何人も見ているとある共通点があるように思えます。
 
1.初めての妊娠
 
2.体が冷えている
 
3.体が硬い
 
4.精神的にも緊張気味
 
といったようなことです。
 
初めての妊娠で不安があったり、もともと冷え性で体が硬く、お腹も張りやすかったりする方が多いような気がします。
 
お灸はどんなに熱いんだろう、逆子は治るのかしらと硬ーい表情でいらっしゃるので、まず緊張をとるところから始めます。
 
硬いところ、特に太腿の付け根をほぐして循環をよくし、体を温め、心身ともにリラックスさせてから三陰交にお灸をすると、お腹が緩んで赤ちゃんが動き出します。
これは本当に不思議です。何がつながっているのかしら。
 
 
実は、私も最初の子が逆子でした。その時かかっていた先生はお腹の外から赤ちゃんを回転させて治して下さったのですが、次の受診までにまた戻ってしまう子で、3回治していただきました。
 
最後は治した後腹帯でグルグルに巻き、3日間くらいお風呂も入らないでそのまま固定してやっと落ち着きました。
その先生はお上手な方でしたが、外から回転させるのは危険もあるので今ではほとんどやらないようです。
 
今思えば私も冷えや緊張が結構あったと思います。
 
 
私が鍼灸師になったのは3人の子どもを産んだあとだったので、自分の妊娠中は逆子のお灸も安産のお灸も知りませんでした。
 
三陰交にお灸をして赤ちゃんが動くの、体験してみたかったなあ。

|

« 妊娠中の肩こり対策 | トップページ | 久しぶりに親子体操教室 »

治療室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妊娠中の肩こり対策 | トップページ | 久しぶりに親子体操教室 »