« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

逆子と心身の緊張

逆子にはお灸が効く、と聞いていらっしゃる方が時々あります。鍼灸院は初めてで、緊張した表情で来る方が多いです。

 
 
なぜ、逆子になるかはよくわかっていませんが、何人も見ているとある共通点があるように思えます。
 
1.初めての妊娠
 
2.体が冷えている
 
3.体が硬い
 
4.精神的にも緊張気味
 
といったようなことです。
 
初めての妊娠で不安があったり、もともと冷え性で体が硬く、お腹も張りやすかったりする方が多いような気がします。
 
お灸はどんなに熱いんだろう、逆子は治るのかしらと硬ーい表情でいらっしゃるので、まず緊張をとるところから始めます。
 
硬いところ、特に太腿の付け根をほぐして循環をよくし、体を温め、心身ともにリラックスさせてから三陰交にお灸をすると、お腹が緩んで赤ちゃんが動き出します。
これは本当に不思議です。何がつながっているのかしら。
 
 
実は、私も最初の子が逆子でした。その時かかっていた先生はお腹の外から赤ちゃんを回転させて治して下さったのですが、次の受診までにまた戻ってしまう子で、3回治していただきました。
 
最後は治した後腹帯でグルグルに巻き、3日間くらいお風呂も入らないでそのまま固定してやっと落ち着きました。
その先生はお上手な方でしたが、外から回転させるのは危険もあるので今ではほとんどやらないようです。
 
今思えば私も冷えや緊張が結構あったと思います。
 
 
私が鍼灸師になったのは3人の子どもを産んだあとだったので、自分の妊娠中は逆子のお灸も安産のお灸も知りませんでした。
 
三陰交にお灸をして赤ちゃんが動くの、体験してみたかったなあ。

| | コメント (0)

妊娠中の肩こり対策

妊娠すると悩ましいのは整体やマッサージをしてもらえないことです。

 
妊婦さんどうぞ〜、という治療院もありますが、なにかあったら大変、と断られることが多いようです。
 
痛み止めがのめないから(のんでもいいものがあるようですが、用心してやめておく人が多いですね)、そういうときこそほぐして欲しいのに、という声をよく聞きます。
 
また、胸が張って重くなりますし、段々お腹も大きくなってくるとそれを支えるために肩から胸にかけての部分の負担が大きくなります。
 
最初の子の時、出産をお願いした実家の近くの助産院の検診に行ったら「妊婦さんはお腹が重いから肩こるでしょう」と助産師さんが肩をほぐしてくださいました。
 
そんなに肩こりの自覚はなかったのですが、それがとっても心地よく、助産師さんの気持ちも嬉しくて未だに覚えています。なので、妊娠中の方が来ると、「お腹が大きくなると引っ張られて肩がこるのよね〜」と同じことを言いながらほぐしています(笑)。
 
 
自分で何とかする方法としては、
 
大胸筋ほぐし(大胸筋をつかんでおいて腕をグルグル回す)

5_2

鎖骨下ほぐし(鎖骨の下を押さえておいて腕を回す)

3

仰向けに寝られるならお団子マッサージもいいでしょう。
 
手ぬぐい(ガーゼの手ぬぐいが最適)や薄手のタオルに結び目を作ります。

24

それを背中に当てて仰向けになり、体重を乗せると下から結び目が押してくれて気持ちよいです。

25_2

ちなみにこれらの体操は産前だけでなく産後にもOKです。

特に大胸筋ほぐしは母乳の出もよくなって一石二鳥です。

| | コメント (0)

産後の内転筋強化トレーニング

先日、産後2ヶ月の患者さんに相談されました。

 
「家に、脚の内側を鍛える健康器具があるんですけど、やってもいいでしょうか。そろそろ体力つけたいと思って」
 
ああ、新聞でよく宣伝してるアレね。立った姿勢(立つだけだと開いてしまうようになってる)で左右の脚をグイーっと寄せてくる、内股の筋肉を強くするやつ。
 
実は、少し前にグイーッと寄せる、を10回ほどやっただけで翌日股関節が痛くて立てなくなった、という患者さんがいたのです。
 
その方はちょっと内股気味で股関節が狭くなっているようだったので、「カカトをつけて足先を開き、お尻をギュッと引き締める」というのをやってください、とアドバイスしていました。

32

 
これは寝ていても立っていてもできます。左右のお尻をくっつけるように力を入れるのです。 
 
大臀筋を引き締め(仙腸関節を締める方向)、股関節の前の部分を開くので股関節が動かしやすくなる体操です。脚の外側にも力が入ります。
 
一方、内転筋強化の器具は脚の内側の力を使うので、お尻引き締めの逆の部分を鍛えることになります。
 
患者さんはうっかり方向が違う運動をやってしまい、股関節の内側が窮屈になって立てなくなってしまったのではないかと推測されます。
 
 
・・・・という話をして、産後は仙腸関節がまだ緩み気味でどちらかというとお尻を引き締める方が大事なのでむやみにやらない方がいいと思う、とお話ししました。
 
 
あ、でも内転筋強化自体がよくないというより、器具を使った運動は負荷が大きくて負担になりそう、という話です。膝でボールを挟んで軽く力を入れる程度なら様子を見ながらやってもいいのではないかと思います。
 
器具を使ったトレーニングは、効果が大きいのですが、場合によってはバランスを崩してしまうので、産後はある程度体力が回復してからやるようにした方が無難です。
 

| | コメント (0)

糖質制限とアセモ

このトピック、カテゴリを何にしようか迷いましたが、湿疹とも関係あるので「アトピー」と、とりあえず食べ物関係なので「料理・食べもの」で。

 
 
アセモといえば赤ちゃんや子どもができるものと思いますが、大人になっても結構アセモができていたのです、私。
 
部位は決まっていて、首の前の部分だけ。夏になると必ずできて痒かったりヒリヒリしたりしておりました。
 
もちろん、毎日お風呂やシャワーで洗い、汗をかいたらタオルで押さえたり(ふくと痛いので)、濡れたタオルで冷やしたりするのですが、それでもヒリヒリするので夏はちょっと悩ましいのでした。
 
肌に直接触れるアクセサリーもつけられません(汗が残って痛がゆい)。
 
 
でも、ふと気がつくと今年は全然できないのです。
思い出してみると昨年もできませんでした。
 
何がよかったのでしょうか。
 
思い当たることと言えば、「糖質制限」です。
 
 
昨年、健康診断の時に体重をつけるグラフをもらい、体重とお腹の脂肪をしぼりたいと思っていたので、ものは試しと糖質制限をやりながらグラフをつけたのです。
 
6月に始めましたが、砂糖はもちろん麺類もパンも一切無し、ご飯は昼食に食べて夕食時は原則として無し、という食事にしたら2ヶ月で2㌔減りました。
 
元の体重がそんなに多かったわけではないので、目標達成。
 
糖尿病というわけではないし、付き合いでご飯ものを食べる機会も多いので、その後は少し制限を緩め、現在は甘いものは避け主食を少なめにする程度で経過しています。会食するときなどは普通に食べていますが、全体量は確実に少なくなっています。
 
 
で、今年も、気がつくとアセモに悩まされることなく夏が過ぎて行きそうです。
 
これだけでは、本当に糖質制限がよかったかどうかわかりませんが、糖質と肌の症状には何かの関係があるのではないかと思われる事例が他にもあるのです。
 
以前いらした患者さんに、全身のアチコチが痒いという人がいました。肌が痒い、耳の中が痒い、目が痒い・・・。それぞれ皮膚科、耳鼻科、眼科に行ったけれど原因がわからない、と言われるので、「甘いものや果物を食べていませんか」と聞くと、「果物が好きで、箱で買って毎食食べています」とのこと。
 
ビンゴでした。
 
量も多くて桃やリンゴなら1個丸ごと。それを毎日3回食べたらそりゃ食べすぎでしょう。
 
食べたい気持ちはわかるけど、一日1回にしてはどうかと提案してそのようにしてみたら、痒みも治まりました。
 
 
もう1人は背中にニキビができた方。
 
糖質を摂りすぎるとニキビができると聞いたことがあったので、聞いてみると、最近、清涼飲料水の量が増えているようでした。
 
ゆずやシークワーサーなどの柑橘類で酸味をつけた飲料水がいろいろ出回っていますが、さっぱりして飲みやすく甘ったるくないのでつい飲み過ぎてしまうようです。
 
その人も糖質の摂りすぎに気をつけて、きれいな背中になりました。
 
 
というわけで、糖質と肌の症状には何かの関係があるのではないかと推測しています。これを確かめるには糖質をバンバン食べてアセモがどうなるか観察するとよさそうですが、わざわざやりたいとは思わないので証明は難しいかなあ。
 

Photo

シロモジの実です(7月21日に撮影)。花は小さいのにこんな実がなるのですね。山の中腹を横切るように走る丈衛門林道。その林道沿いに色々な山の花や雑木が見られます。

| | コメント (3)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »