« 股関節チェックリスト | トップページ | 「あさイチ」冷え性②・・足先はストレッチで »

「あさイチ」冷え性①・・梨状筋が関係している

今朝のNHKあさイチはなかなか興味深い内容でした。

 
「冷え症」がテーマだったのですが、冷えの原因となる様々な要素を紹介していました。
一つ目は腰との関係。下半身の冷えに悩まされている人は腰のコリが原因であることが多いとか。
 
番組では足の冷えのキツい女性が冷えに詳しい医師に診てもらっていましたが、腰(腰方形筋の辺りでした)やふくらはぎがこっていて、押されるととても痛そうなのです。でも、本人は腰の痛みの自覚はないのです。
 
下半身冷えにつながる筋肉として梨状筋が紹介されていました。
 
おお、梨状筋!
 
え、何がおお!って?
 
最近の体操教室では腰周囲を整える体操をしていますが、その一つが梨状筋のストレッチなのです。結構痛がる人が多いのですが、ほぐれた後は股関節の動きがよくなるのです。
 
こんな体操です。
 
まず、仰向けで膝を組みます。

Photo_4

次に膝を胸によせ、左右の足首をつかんで開くようにしながら胸に更に寄せます。両方の足首をつかめないときは胸に近い方の足首をつかんで寄せます。

股関節がキツい体操ですので、股関節に症状のある方や違和感を感じる場合は膝を浅くかけてやってみてください。それでも痛い場合はやらない方が無難です。

Photo_2

「ほのまき体操・・・股関節を柔軟に①」では動画で紹介しています。この方がわかりやすいと思います。

※ちなみに番組ではイスに座って右の膝を横に倒して足首を左の腿に乗せ、右膝を上から軽く押す、という体操で梨状筋を伸ばすやり方を紹介していました。

|

« 股関節チェックリスト | トップページ | 「あさイチ」冷え性②・・足先はストレッチで »

ほのまき体操」カテゴリの記事

冷え性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 股関節チェックリスト | トップページ | 「あさイチ」冷え性②・・足先はストレッチで »