« アルツハイマー予防の体操 | トップページ | 2025年問題で診療報酬改定 »

雪! 手首と腰痛にご用心

天気予報通り、今朝起きたら雪景色でした。

名古屋は10時に4㌢の積雪ということですが、さっき(12時ころ)雪かきしようと外に出てみたら雨になっていました。
積もった雪もベタベタで融けかけています。このくらいなら雪かきも楽です。
 
でも、しっかり積もってしまうとちょっと大変。都会では雪かき用の道具を持っている人はあまりいないですから。
 
 
都会で雪が降ると雪かきで手首を痛める人がいます。「手首??」と思うかもしれませんが、原因はチリトリで雪かきをするから。ホウキではきれいにはけない雪をかくには先が平になっている硬いものがいいのですが、一般の家庭にあるものでそういう形状のものというとチリトリになってしまうのです。雪をかいて掬うこともできるので便利と言えば便利です。
 
でも、チリトリで雪をかくと手首に大きな負担がかかって腱鞘炎のようになってしまう人もいます。
 
以前、大雪が降ったときにそうやって手首を痛めた人が病院へ行ったら「チリトリで雪かきしませんでしたか?」と聞かれたとか。それを聞いてチリトリでやる人が結構いるのだと思いました。
 
 
もう一つチリトリで雪かきすると腰にきます。
 
これはその姿勢を想像するだけでわかりますね。地面に手が着くくらい腰を曲げて低い姿勢になるので腰には大変な負担です。さらに当然のことながら寒いので冷えもプラスされてさらによくない。
 
 
では、何で雪をかけばいいか。
 
できるだけ柄の長いものがベストです。
何かないかなあと見回したら、窓掃除用のスクィージーがありました。先が平らなゴムになっています。柄を長くできるタイプなので、目一杯長くして階段の雪をどけてみるとなかなか具合がよい。
 
雪の融けた水分が凍ると恐いのですが、水気もきれいになります。
チリトリでやるより楽でした。

|

« アルツハイマー予防の体操 | トップページ | 2025年問題で診療報酬改定 »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルツハイマー予防の体操 | トップページ | 2025年問題で診療報酬改定 »