« 93歳まで生きる時代 | トップページ | 産後の腰痛対策、研究中 »

肩甲骨が浮いた→枕の高さが変わった

少し前のことですが、連休明けの教室でうれしいご報告が。

 
肩が内側に入って猫背気味だった生徒さんが、
「先生、私肩甲骨が浮くようになったんですよ」
と、肩甲骨の下に指先を入れてみせてくださいました。
 
おお、すごい!
 
何をしたかと言うと、後ろで腕を組んで肘を伸ばす、とか、大胸筋をつかんで肘を回すとか、YouTubeで紹介した猫背治しの体操を中心に肩甲骨まわりを意識して動かしたのだそうです。
イラストだとこの体操。

6

 
で、肝心なのはそれを毎日2ヶ月続けたこと。
いいなあと思っても月単位で毎日続けるのって意外と難しいのです。忘れちゃったり面倒になったり。
 
他の皆さんは「やっぱり毎日するのが大事ね。でも偉いわあ」と感心し、私は自分の考案した体操の成果を見せてもらって大変うれしかったのでした。
 
一つ興味深かったのが
「枕が合わなくなったんですよ」
という言葉。今までより低い枕に変えたのだそうです。
そう、猫背だと仰向けに寝た時に頭が浮いてしまうので、高めの枕の方が楽なのです。体型が変わりましたね。
 
猫背治しの体操でなぜ肩甲骨が動くようになるのか?
あんまり説明してしまってもつまりませんから、ちょっと考えてみてください。
ヒントは「裏表の関係」です。
 

P1000907

昨日(5月26日)実家の近くの山で見つけた花々。左からウツギ(卯の花)、タニウツギ、ツクバネウツギ、エゴノキ。
タニウツギは山のあちこちにピンク色の花を咲かせていました。ツクバネウツギとともにスイカズラ科。
白い小さい花が房のようにつくウツギ(ユキノシタ科)、提灯のようにぶら下がってかわいいエゴノキ(エゴノキ科)。他にもヒトツバタゴ、ハリエンジュ、ベニバナツクバネウツギ、マユミなど山は花盛りでした。
 

|

« 93歳まで生きる時代 | トップページ | 産後の腰痛対策、研究中 »

ほのまき体操」カテゴリの記事

今週の教室」カテゴリの記事

猫背」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 93歳まで生きる時代 | トップページ | 産後の腰痛対策、研究中 »