« 模型で学ぶ骨盤の仕組み | トップページ | 93歳まで生きる時代 »

腰痛と腸腰筋

腰痛の患者さんが何人か続きました。

 
腰痛の治療のポイントは二つ。
1.股関節の動きをよくする
2.仙腸関節を締める
 
これがスムーズにできるように背中や腰をほぐしたり、太腿をほぐしたりします。
 
これでスッキリしないときは腸腰筋の緊張が考えられるのでそちらをほぐします。
腸腰筋が硬くなっている人は膝の裏に痛みがあります。張りを感じていたり、押すと激痛だったり。
 
腸腰筋をほぐすとこの膝裏の痛みが緩和されるのが本当に不思議。どこかでつながっているのでしょうが、私には説明できません。以前、操体法を習った時も、つま先を上げて力を入れてから一気に脱力する、というやり方で膝裏の緊張を取っていました。
腰痛の程度が軽い場合は腸腰筋のストレッチをお教えします(程度がひどい場合は悪化する可能性があるので軽い人だけ)。
先日の患者さんは「あー、気持ちいいですねえ、これ」
 
そうです。気持ちいいというのは大変重要な感覚で、自分に必要なものだという証拠です。必要がないと特に何も感じなかったり、逆に痛かったりします。
 
腸腰筋って外からは触りにくいし、自分で動かすというのもわかりにくいのですが、上半身と下半身の間をつなぐ、すごく大事な筋肉です。
そうだ、来週は骨盤模型とテープを使って腸腰筋の説明をしよう!

P1000824

山の花、トサミズキ。可愛らしい花です。4月14日に撮影したもの。今はすっかり青葉です。こういう、道沿いの開けた場所では花がよく咲きます。

|

« 模型で学ぶ骨盤の仕組み | トップページ | 93歳まで生きる時代 »

治療室」カテゴリの記事

腰痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 模型で学ぶ骨盤の仕組み | トップページ | 93歳まで生きる時代 »