« 膝をラクにする | トップページ | 猫と腰痛 »

腰痛の治し方・・タイプ分けが難しい

ほのまき体操、今年はいくつか目標があります。

 
1.ほのまき体操のホームページ作成
2.YouTubeで動画のアップ
3.腰痛対策の冊子の作成
 
いや、我ながら欲張りすぎの感がなきにしもあらず。でも、YouTubeの動画には出演してくれる方が見つかり、現在アップの方法や編集(果たして私にそんなことができるのか?)のやり方を勉強しております(Apple Storeのone to one)。
 
ホームページはイラスト(お願いできそうな人がいる)が何とかなればできそう(もちろん作ってもらいます)。
 
動画とイラストは体操をわかりやすく伝える手段です。
「イラストはありませんか」とか「本は出てませんか」といったコメントをいただくのでその声に押されてやってみようと思い始めました。
 
問題は腰痛対策の冊子です。
きっかけは、患者さんの「もう治らないかとあきらめていました」というひと言。
日常生活に差し支えるほどの腰痛ではないけれど、整形外科では「異常なし」と言われ、整体に通っても治らず、というわけで何ともならないのかなあと思っていたそうです。
 
「いやいや、大丈夫よくなりますよ。ただし、自分の状態に必要な筋肉をつける運動(体操)をする必要がありますが」
と答えながら、「自分に必要なのは何なのか」ということがわかりにくいのが腰痛だなあと思いました。
 
腰痛にはいろいろなタイプがあって、それに応じたことをしないと却って悪化することもあるのです。前に腰痛体操をやり過ぎて痛みが取れなくなってしまった、という方がいらしたことがありますが、自分に合わないストレッチをやってしまったようでした。
 
書店に行くと腰痛の治し方を書いた本が山のようにあります。でも、その方法が合っていれば治りますが、合わなければ治りません。
 
腰痛のタイプによってすべきことが違う、ということを書いた腰痛対策のガイドブックのようなものをまとめてみたいなあと思ったのですが、やろうとすると意外に難しい。これは実践してみないと、と、早速教室だよりに簡単なタイプ分けを書き、それに従って各教室でやっています。
 
腰痛の方はあんまり多くないのですが、やってみるといろいろな発見があります。
見つけたことをここにも書いていこうと思います。

|

« 膝をラクにする | トップページ | 猫と腰痛 »

腰痛」カテゴリの記事

ほのまき体操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 膝をラクにする | トップページ | 猫と腰痛 »