« ほぐすと動きやすい | トップページ | 風邪の筋肉痛にお団子マッサージ »

産後の骨盤によくない姿勢

産後間もない方向けの親子体操の時に伝えるようにしているのが、産後の骨盤の状態をよくするための姿勢(授乳・座り方・おむつ替えのやり方など)です。

お産の後は骨盤(正確には仙腸関節)がゆるんで尾骨が少し出っ張って、仰向けに寝ると痛みを感じることがあります。しばらくして骨盤が戻ると自然に治まりますが、産後の生活って前屈みの姿勢が多いので、気をつけないと長引くことがあります。

前屈みになる(腰が丸くなる)姿勢の第一は、授乳の姿勢。赤ちゃんを抱くという姿勢がそもそも背中を丸くしますが、赤ちゃんをおっぱいのところまで抱き上げないといけないので、背中を伸ばすというわけにはいきません。でも、必要以上に丸めることはありませんから、できるだけお尻を高くして(膝より高く)、背中をあまり曲げないようにして座りましょう。

また、おむつを替える時も注意が必要です。床で替えようとするとどうしても姿勢が低くなりますから、重ねた座布団の上で替える、正座して背筋を伸ばす、クッションにお尻を乗せて高くする、といったことをして、背中が丸くならないように気をつけることが大事です。

くつろぐ時にソファに沈む込むように座ると、これまた背中が丸くなってしまいます。腰や背中が当たるところにクッションを当てて、背中を伸ばしたままもたれるように工夫すると腰に負担がかかりません。

赤ちゃんがはいはいするので床に座ることも多くなりますが、直接お尻をついて座ると腰が丸くなりがちですから、こちらも注意が必要です。クッションを腰の下に入れ、仰向けに寝て伸びをすると腰が伸びて気持ちいいものです。赤ちゃんを抱っこしたままでもできますよ。

産後の腰痛や尾てい骨の痛みがなかなかとれない時は、普段の姿勢をチェックしてみることも大事です。心当たりのある方はちょっと気にかけてみてください。

 

※座り方についてイラストで説明しました。こちらも参考にしてください(2013.4.14)  ・床に座る  ・ソファに座る

|

« ほぐすと動きやすい | トップページ | 風邪の筋肉痛にお団子マッサージ »

腰痛」カテゴリの記事

産後のセルフケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産後の骨盤によくない姿勢:

« ほぐすと動きやすい | トップページ | 風邪の筋肉痛にお団子マッサージ »