« 『こびとのおくりもの』の贈りもの | トップページ | 2年目のほのまき体操 »

2012年 明けましておめでとうございます

いつもお読みいただいている皆さま、ご愛読ありがとうございます。

このブログも始めて5年半(半端だわね)。治療室で感じたことや自力整体のこと、その後、セルフケア体操を経てほのまき体操になり、ほのまき体操の紹介と記録が主要なテーマでした。

昨年からは実家での暮らしの様子もちょこちょこ書いています。今年はそうした記述が増えると思います。

いろいろごちゃまぜでなんだかよくわからないブログですが、今年もこの混ぜご飯(?)状態で行こうと思います。よろしくお願いいたします。

 

さて。

今年の正月は31日に帰り、実家で年越しをしました。30年ぶりくらいかもしれません。

子どもの時は美濃加茂市に住んでいましたが、年末には白川町(父の実家)に帰って祖母や伯父夫婦と正月を迎えるのが恒例でした。年越しのごちそうはお昼に食べる、ご飯に黒豆(甘くない)が炊きこんである、1日にはみんなそろってお茶と歯固めをいただいたあとお雑煮を食べる、などの行事があります。

世に聞く「年越し蕎麦」とか「お屠蘇」とかはないので、なんとなく憧れを抱いておりました(笑)。おまけに戦争で供出してしまったとかでお寺には鐘がなく除夜の鐘も聞こえない・・・(今ではちゃんとあります、うちは谷をはさんでお寺の正面にあるのでとってもよく聞こえます)。

年越しのごちそうは今年はブリでしたが、子どもの頃は小鳥の麹漬なんてこともありました。田舎のごちそうですが、大人になってから遭遇すると、ぎょっとする、かわいそうで食べられない、小骨ばかりで食べるとこがないといった感想を抱く代物。

「歯固め」というのは1升マスに干し柿、みかん、カヤの実、田作りなどを入れてみんなで食べるのです。今年は頂きものの干し栗(山で拾った小さい栗をゆでて干したもの)が入っていました。田作りは生だし、干し栗もとっても硬くて、まさに歯固め。

1日は穏やかな晴天、2日は雪が降りましたが、お昼には晴れ上がりました。台所の窓から見た田んぼと山。

2012_009

31日にはこんなお供えを家のアチコチに置きました。

2012_006

|

« 『こびとのおくりもの』の贈りもの | トップページ | 2年目のほのまき体操 »

ひとりごと」カテゴリの記事

田舎のくらし」カテゴリの記事

コメント

昨年はお世話になりました。
「現代農業」の3月号予告に『三か月で腰痛が治った!ほのまき体操』と載ってました。
楽しみですね。

龍氣禅寺さんで除夜の鐘をついているんですね。
あそこの和尚さんとは以前ちょっとかかわりがあったので、懐かしいです。

投稿: yamasemiya | 2012年1月 3日 (火) 21:50

yamasemiyaさま

こちらこそお世話になりました。
3月号予告、知りませんでした。本屋さんで確認してこなくちゃ。
記事はどういう風に出るんだろう。ちょっとドキドキです。

大みそかの夜には除夜の鐘を撞きに皆さんいらっしゃるみたいですよ。切井の方にいらっしゃることがあったら、実家にも寄って下さい。日曜日にはたいていいると思います。

投稿: マリマリ | 2012年1月 4日 (水) 09:24

現代農業 記事 楽しみしてます

投稿: 島田 | 2012年1月20日 (金) 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 明けましておめでとうございます:

« 『こびとのおくりもの』の贈りもの | トップページ | 2年目のほのまき体操 »