« 股関節の痛み | トップページ | 小丸山 »

ギックリ腰は筋肉痛

セルフケア体操、今月は骨盤の説明ですが、骨盤の状態と腰痛は大きな関係があるので必ずその説明もしています。

骨盤で重要なポイントは仙骨と腸骨で構成される仙腸関節です。ここは靭帯でガッチリ固められていますが、その靭帯がすこーし緩んだり締まったりします。

緩みがひどくなると腰が不安定になります。重いものを持つとか中腰の姿勢をとる、というような腰に負担のかかる姿勢をするとその不安定な部分で支えなくてはいけなってしまうので、負担が大きくなりひどい痛みになるのがいわゆるギックリ腰。

急にギクッとなってそのまま動けなくなることもあれば、翌朝痛くなることもありますが、弱っている筋肉に能力以上の仕事(たとえば中腰姿勢を支える)をさせたことによる、ひどい筋肉痛です。

そう。

私はギックリ腰って要するに「腰に起こったひどい筋肉痛」だと理解しています。

肩や脚の筋肉痛に比べて腰という体の要(カナメ)になる部分なので、寝返りや立ったり座ったりというような姿勢の転換をするごとに痛くてしょうがありません。体を前に曲げられないので、ひどいと靴下も履けません。

そのためとてもつらいのですが、急に短距離を走った時に太腿やふくらはぎが痛くて翌日歩くのに不自由する、というのと基本的に変わらないと思います。場所が腰なので事態が深刻になるのです。

それと骨盤の構造から考えて「凝ったところをほぐす」というような単純な筋肉痛対策では逆効果になる場合があり(立てなくなる)、治療や養生法には腰痛に対応したやり方が必要です。

先日いらした患者さん。「腰痛ってほどでもないんですが、ちょっと腰が痛いんです。何か自分でできることありますか?」と言われるので基本的な腰痛対策の体操を指導しました。私は何もしないでやり方を教えるだけ。

腰を伸ばして最後に仙腸関節を引き締めてもらったら、アーラ不思議、膝を立てて横に倒した時の腰のツッパリ感が見事にとれていました(別に不思議でもなんでもありませんが)。

どういう考え方でどんなことをするかは、また次回に。

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

|

« 股関節の痛み | トップページ | 小丸山 »

腰痛」カテゴリの記事

セルフケア体操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギックリ腰は筋肉痛:

« 股関節の痛み | トップページ | 小丸山 »