« 腰痛対策・軽い痛みの時 | トップページ | 自転車で転倒、筋肉痛に »

腰痛対策・椅子の座り方

ウエストの辺りが痛い腰痛の場合、大殿筋や腹筋とともに背骨を支えている筋肉(脊柱起立筋)をしっかりさせることが必要になってきます。

うつ伏せになって上半身をグッと持ち上げる「背筋の筋トレ」は腰の痛い人には負担が大きいのでもう少し無難な方法で背筋を引き締めています。

簡単なのは立って後ろで手を組み、背中を引き絞る、そのまま股関節から体を前に倒す、という体操です。ポイントは背中を丸くしないこと。顔を正面に向けるようにすると背中がピン、と伸びて背筋に力が入ります。

試しに背中を触ってみると背骨の横の筋肉が硬く盛り上がっているのがわかります。一生懸命、体を支えているのです。慣れてきたら後ろで手を組まなくても顔を前に向けなくても、デパートガールのように上半身をまっすぐにしたまま前に倒せばOKです。

日常生活でも前かがみなる時に背中をまっすぐにしたまま体を傾けていくようにしているとそれだけで背筋が強くなっていきます。

もうひとつ日常的に背筋を強くする方法があります。

椅子に座る時にお尻を高くして座るのです。クッションや座布団を椅子の後ろ半分において膝よりお尻が高くなるようにすると、自然に背中が伸びる姿勢になります。あるいはその姿勢をとりやすくなる。

車に乗る時もクッションを使ってお尻が後ろに沈みこまないようにする、腰が疲れている時は背中のウエストの部分に丸めたバスタオルを当て、シートにもたれても腰のS字カーブが保たれるようにする、というようにすると腰がラクです。

ちょっとしたことですが、驚くほど(ちょっと大げさ?)座り心地が変わります。治療室や教室でもクッションを使って座り心地の確認をしていますが、座ってみると皆さん納得! です。

背すじが伸びると肩の力が抜けやすくなるので肩こりも楽になります。

「体を前に倒して背筋を引き締める」・・・・・簡単なのでいつでも気がついたときにできる手軽な筋トレです。

 

※クッションを使った座り方、イラストで紹介しました。ソファの座り方ですが、車のシートにも応用できます(2013年4月9日追記)。

http://sanpomiti.tea-nifty.com/blog/2013/03/post-3063.html

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。よかったらクリックを!

|

« 腰痛対策・軽い痛みの時 | トップページ | 自転車で転倒、筋肉痛に »

腰痛」カテゴリの記事

自分で治せる」カテゴリの記事

セルフケア体操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛対策・椅子の座り方:

« 腰痛対策・軽い痛みの時 | トップページ | 自転車で転倒、筋肉痛に »