« 雪かきで腰痛 | トップページ | 味噌の仕込みと甘酒 »

逆子のお灸

先週「逆子ってお灸で治るんですか?」という患者さん(妊娠8か月)がいらっしゃいました。

「必ず治るとも言えませんが、8ヶ月くらいなら治る可能性が高いです。」というのが私の答え。

内くるぶしから指4本分上の辺りにある三陰交と、足の小指の爪の付け根にある至陰というツボにお灸をするとおなかの赤ちゃんがぐるぐると動き出します。これは本当に不思議ですが、どの妊婦さんでも必ずそうなります。ただ、1回お灸してその場で治ることはほとんどなく、自宅でもお灸をしていただきます。

先週いらした方の足を触って「あ、この冷えが原因かも」と思いました。足首から先がとても冷えているのです。内股も硬くて押すとかなり痛そうです。

今までの経験で、冷えが強いとお灸しても効きがよくないので、まず太ももの内側をよーくほぐしてからお灸をしてみました。あまり熱さを感じないようでしたが、お腹が弛んで(張りが取れて)赤ちゃんが動き出しました。そのあと硬くて冷えている足の裏を温かくなるまでほぐし、冷えが強いので翌日もう一度来ていただきました。

2回の治療で少しほぐれてきたので、あとは自宅でお灸をして(こういう場合は薬局で売っているせんねん灸を利用していただきます)、1週間後にまた見せていただくことにしました。

そうしたら昨日「今日病院へ行ったら治ってました。2,3日前によく動いて、位置が変わったのでその時治ったかもしれません。」というお電話が。

「まあ、よかったですね! これからも下半身を特に冷やさないようにして、三陰交のお灸は安産のお灸でもありますから、続けてくださいね。」

お灸のほかにも、足が冷えたらオイルでマッサージする、夜は湯たんぽを入れるとかしてとにかく冷やさないようにしてもらったのがよかったのかも。うれしいキャンセルでした。

|

« 雪かきで腰痛 | トップページ | 味噌の仕込みと甘酒 »

治療室」カテゴリの記事

コメント

腰痛のときに続き、今回の逆子直しでは大変お世話になりました。
その後体調も順調で、ただいま妊娠9ヶ月です。
教えていただいた、三陰交のお灸や寝るときの湯たんぽ、足裏のマッサージを(多少サボりながらですが)続けています。
家でお灸していると、子どもが横でマネしています。おばた治療室さんが気に入ったようで、「また行こうよ」なんて言っています。

ちょうどお灸をしていただいた時期から、おもしろい変化がありました。長年ずっと便秘体質だったのが、とても調子がよくなりました。お灸か足マッサージの効果かな…?と思っているのですが、とてもうれしい副作用で、喜んでいます(^^)
出産しましたら、ご連絡しますね!

投稿: くまちゃん | 2008年3月11日 (火) 21:49

くまちゃんさん

うれしいコメントありがとうございました。
お灸やマッサージ、続けてらっしゃるんですね。
お通じがよくなったのは、足腰が温まって腸の動きがよくなったのかもしれませんね。
調子よさそうでよかったです。
きっと安産ですよ。
出産のご連絡、待ってます。

投稿: マリマリ | 2008年3月12日 (水) 17:30

逆子&腰痛のときは大変お世話になりました。
ご報告ですが、先週無事出産しました! 3200gの女の子で、母子とも元気です。
当日の昼頃から陣痛があり、夜に生まれました。割と安産だったと思います。

先生のアドバイスで、三陰交のお灸は出産当日の朝まで毎日やりました。あとは1日30~60分くらい歩いていました。その効果があったかなと思っています。

今は足腰がギクシャクしています… 産後の自力整体について教えていただきたく、またお世話になると思います、よろしくお願いします。

投稿: くまちゃん | 2008年4月24日 (木) 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆子のお灸:

« 雪かきで腰痛 | トップページ | 味噌の仕込みと甘酒 »