« 手ごわい腰痛 | トップページ | アウトドアな日々 »

骨盤を整える

昨日の記事で紹介した腰痛の治療法を簡単に解説すると、まず膝を倒した時の反応で痛みの場所や程度を確認してから、腰から背中にかけての緊張を緩め(場合によっては股関節も緩め)、最後に仙腸関節を引き締めて骨盤を整える、という手順です。

この事例の患者さんは膝もほとんど倒せないし、腰を少し持ち上げただけでも痛みが走るようでしたので、仙腸関節がかなり緩んでいたのではないかと思います。

「緩み」とはいっても、それはレントゲンでわかるようなものではなく、多分ほんのわずかな開きとかズレです。

整体の世界では「骨盤が開く」「骨盤がゆがむ(ずれる)」といったような言い方をしますが、西洋医学的(整形外科)にはそういう概念はありません。レントゲンで異常が見られないと痛み止めとシップ薬が出るだけです。でも、「病院では骨に異常はないと言われましたが、痛みが治らない」と来院される方は多いですから、レントゲンではわからない程度だけど、腰の痛みをもたらすちょっとした異常はあるはずです。

仙腸関節は腰の要(カナメ)になる部分ですから、そこが緩んでしまうと立てなくなります。いわゆる”腰が抜けた”状態です。そんなになると大変なので、それを支えるために周りの筋肉に力が入って緊張するためにひどい筋肉痛になる、それが腰痛です。

これは、ごく単純な説明で、もっといろいろな要素のある場合もありますが、基本的にこのような見方で施術方針を立てて行うとほとんどの場合、改善します。後は患者さんによって筋緊張をほぐすか、仙腸関節を引き締めるか、どちらに重点をおくかの違いです。

実際に、整体や操体法で緊張を緩め、最後に引き締めると、膝立て倒しがスムーズになります。私が治療として行う施術は自分一人でもできるので、状態がよくなったら自分でする方法をお教えします。もちろん、人にやってもらった方が手っ取り早く痛みが取れますし、重症の場合は自分でするのは難しいですが、うまく覚えた患者さんは「ちょっと変だなというときは、教えてもらったのをやるとたいてい治ります。」と活用しています。

ちなみに、鍼灸の世界にも「骨盤」という概念はありません。自力整体の講習でこれを習って(自力整体に対して補助整体といいました)治療に取り入れてみて、これは”使える技”だなあと実感しました。

|

« 手ごわい腰痛 | トップページ | アウトドアな日々 »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手ごわい腰痛 | トップページ | アウトドアな日々 »