« バランスボール体験 | トップページ | 骨盤を整える »

手ごわい腰痛

少し前ですが、久々に手ごわい腰痛に出会いました。

普通、腰痛の治療は次のような手順で行います(私の場合です、読んでもよくわからない場合はまねしないでくださいね)。これ、実は自力整体を他力でやっているのですが。

1.仰向けに寝て両膝を立て、左右にゆっくり倒す。倒すことができる角度や痛み、引っ掛かりを確認する。

2.片方の膝を曲げて反対側に倒して腰から背中にかけて伸ばす(両方やる)。

3.痛みが強い場合は膝を曲げた状態で股関節を回転させる。

4.膝を立てて腰の下にバスタオルをいれ、腰を持ち上げる(これで仙腸関節を締めます)。・・・私も非力で十分上げられないので、体重80キロ以上の方はしませんが。

5.両方の膝を胸に持っていって反らした腰を緩める。

6.1.の膝立て倒しを繰り返して、腰の張りや痛み、倒しやすさを確認する。

軽い腰痛ならこれでかなり楽になります。後は、「これは自分でもできるから、家でやってくださいね。」とその人に合った自力整体を教えて終了です。

でも、今回の腰痛はまず膝を倒そうとしても痛くてほとんど動かせない。膝を曲げて反対側にもって行こうとしても、痛くて動かすことができません。うむ。どうしよう・・・。

そういう時は次なる手段、操体法。脚を伸ばして仰向けに寝て、片方のカカトを突き出す。左右やって楽にできる方だけ呼吸にあわせながらグーッと突き出して一気に脱力。もう1つはつま先上げ。膝を曲げてつま先だけ、押さえた手に逆らって上げていき、ぐっと力を入れてから一気に脱力。これで膝の裏から腰までの緊張が少し緩みます。

これも痛い場合がありますので、痛くない程度の軽さから始めます。

もう1つが太腿付け根ほぐし。これはガシガシと踏んでしまいます。たいてい人は凝っているので痛いけど気持ちよさがあります。ここの循環がよくなると腰も楽になるのです。

更にうつ伏せで仙腸関節を引き締めてからもう一度最初からやってみると、ちょっとは動くようになっているので少しずつほぐしていく。最後にバスタオルで腰を上げる。痛みがなく腰が上がるようになっていれば、かなり改善しているはずです。

先日の患者さんは仙腸関節がかなり緩んでいるようで、操体法とうつ伏せでの引き締めを何回もやって、ちょっとマシになりました(おせんべみたいに何度もひっくり返してゴメン)。バスタオルでの腰上げもだいぶ上がるようになりました。結構ひどかったので、翌々日にももう一回来ていただいてかなり改善しました。

原因は運動不足とデスクワーク、プラス運転するときの姿勢だったようで、車のシートのお尻のところにクッションを敷き(薄いのを半分に折ってお尻のほうだけ入れる)、背中にも当てたらとても楽になったそうです。

|

« バランスボール体験 | トップページ | 骨盤を整える »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランスボール体験 | トップページ | 骨盤を整える »