« 腰痛は自分で治せる?② | トップページ | 腰痛は自分で治せる?④ »

腰痛は自分で治せる?③

腰痛の患者さんがいらした時、どういう治療をするか。

原則は「腰のまわりをほぐしてから最後に仙腸関節を引き締める」です。

患者さんによって硬いところが違うので、股関節だったり、太腿の付け根だったり、腰から背中にかけてだったり、ほぐす部分はいろいろです。ほぐし方の基本は「痛くないように関節を動かす」というやり方。押したり揉んだりはあまりしません。また、痛くないようにする、というのも大事なポイントです。

しっかりほぐしてから最後に仙腸関節を引き締めると、たいていの腰痛はかなり楽になります。

その後に希望される方には自分でできる方法をお教えします。やってもらったほうがしっかり効きますが、やり方を覚えれば「これはヤバイかも」という時にすかさずやって、ひどくしないことができます。腰が硬い人には緩め方、腰まわりが緩んでいる人には引き締め方をしっかり覚えていただきます。

また、日ごろの姿勢のチェックも欠かせません。立ち方や座り方の姿勢次第で緩んだり、筋肉の緊張がひどくなったりするのです。椅子に座る時はクッションを当てて背中の湾曲が保たれるようにする、緩んでいる人が立つ時にはカカトをつけて足先は開く(外股)ようにする、といったこと。こういう日常の些細なことが案外大事なのです。

|

« 腰痛は自分で治せる?② | トップページ | 腰痛は自分で治せる?④ »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛は自分で治せる?③:

« 腰痛は自分で治せる?② | トップページ | 腰痛は自分で治せる?④ »